2005年11月24日

夢に日付を

渡邊美樹さん考案の夢実現の手帳術です。
「夢カード」「システム手帳」「日記」から構成されてます。

「転記」と「消しこみ」の繰り返しにより、
必要最小限のリフィルを使って実現できる合理的な手法らしいですが、

「転記」によって確認作業ができますが、
それは面倒な作業なのではないのかなぁ。
ん〜微妙なところだ。

それが面倒で書かなくなっては本末転倒。


分厚い手帳に夢を押し込むことなく、
実にスマートに夢を管理、実現できるように考えられているとのことなんだが、

クマガイ式は確かにブ厚い!
スマートにすると転記が必要。

まあ、「転記」による確認作業になれればどうってことなし。
ということですね。

【転記作業】

定期的(年1回、月1回、週1回)に、
スケジュールを落とし込むための「転記」作業を行います。

予定通り終わらなかったことは再度転記します。

これにより次のスケジュールや、できていないことの確認ができます。

また実行しなければならないという意識が高まり、
確実に実行されるようになります。

このような作業を行うことで不要なリフィルを持つことなく、
薄い手帳での管理が可能になるのです。

この転記作業は予め行事として計画表に書込んでおき、
必ず実行するようにします。


【消しこみ作業】

終わったものは赤ペン、赤鉛筆などで必ず消しこんでいきましょう。
(後から見直すことができるので赤色の筆記具を使用することが効果的です。)

「消しこみ」作業は、夢実現への手段のひとつ。
この消しこみ作業をすることで、
すべきことを必ず成し遂げることができるのです。



真っ赤になった手帳は、それだけ夢に近づいていることを証明しています。




私の場合は黒で消してます〜。


posted by hyshys at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 【デキル手帳術】手帳術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。